検索する

絶対必要!自動車保険の自賠責講座

保険にも色々なものがありますが、大きく分けると、2種類のものになります。
一つは、生命保険であり、死亡保険や積立保険などが含まれます。
もう一つが、損害保険であり、賠償保険や火災保険などが入ります。
自動車保険は、後者の損害保険の一つであり、その名の通り、自動車に関係する保険となっています。

日本は、すでに車社会であり、日本車は世界でも人気があり、すでにブランド化していると言ってもいいでしょう。
もちろん、海外ばかりでなく、国内でも多くの人が購入し、日本の道路上を走行しています。
しかし、自動車は、運転を誤れば、危険な凶器と化すため、運転免許が必要なことはもちろん、公的機関でも、自動車一台一台の登録を義務付け、なおかつ、駐車するところがなければ、自動車所有もできないようになっています。
不動産と似たようなものであり、税制上では、住宅と同様、贅沢税の対象のようにもなっています。
ある意味、特殊な持ち物とも言えるのでしょう。
こういうことも関係していると思いますが、自動車を所有すれば、自動車保険への加入が義務付けられています。
それが、自賠責保険になります。
これは、対人賠償の保険であり、自動車を運転し、人を傷つけたり、死なせてしまった場合に、保険金が下りるようになっています。
被害者救済の目的で創設され、自動車を持っているのであれば、誰もが加入していることになっています。
しかし、自賠責保険にも、保険期間があり、仮に保険期間が切れれば、再加入などの措置をする必要があります。
もし保険期間が切れ、何もしていなければ、それなりのペナルティーがあるようです。
こういう点には、十分注意が必要であり、自賠責保険は、自動車所有の最も基本的なものであると言えます。

このサイトでは、そんな自賠責保険にスポット当て、種々のことをお話しています。
義務であるため、加入すれば、それで終わりというイメージがありますが、実際は非常に重要な保険であり、しっておくべきことがいくつかあるようです。
お役にたつような内容であれば、誠にうれしい限りです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014絶対必要!自動車保険の自賠責講座.All rights reserved.